大阪 羽曳野のお肉屋さんから教わった伝統メニュー ねぎ醤油で食べる切り落とし焼肉

今回は、お肉屋さんに教えてもらった伝統的な牛肉の食べ方を紹介します。

ねぎ醤油で食べる切り落とし焼肉です。

仕入れ先のお肉屋さんが昔から食べてきたという伝統的な食べ方です。お肉屋さんの師匠直伝です。

赤身の食べ応えがある部分(イチボやカイノミなど特にカイノミがオススメです。)をレア目に焼き、軽く塩こしょうをして、焼けたらたっぷりの ねぎをふりかけ、醤油、鷹の爪少々(一味か七味をふりかけてもOK)で出来上がりです。

お肉は、なるべくスジ肉っぽい場所の方がねぎ醤油に合います。ビール、日本酒、ワインにもよく合います。

アキレス腱などのかたいスジの部分は、柔らかく茹でてから同じ食べかたをするとこれまた美味しいですよ。お試しあれ!

ねぎと醤油と七味をかけてできあがり。

ご家庭でも簡単に作れます。山椒を軽くかけて食べても美味しいです。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでます。

あわせて読みたい
家庭でも簡単に作れる干し肉(塩漬け肉)の作り方 緊急事態宣言で、暇なので干し肉を作りました。 干し肉用の牛タンと牛ロース 今回のお肉は、牛ロースと牛タンを使っています。 干し肉は、どの部位で作ってもそれなりに...



この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Youパークチャンネルはライフスタイルブログです。
お役立ち情報、お出かけブログなど色々アップしてます。
お出かけYouTubeもやってます。
訪れた方の気分転換や お役に立てれば幸いです。

目次
閉じる