やる気が起こらない時は牛肉を食べると良いらしい




公開日 2018年10月4日 最終更新日 2022年1月7日

‪何事にもやる気がでない、やる気にならない。
家事をしなければいけないのに動けない、
やることの取っ掛かりが非常に遅い、
休みの日ほぼダラダラして何もできない、
すぐカーテンをしめて部屋にこもってしまう。
などなど…
この症状は、Serotonin セロトニン不足 だそうで、牛肉を食べるとセロトニンを、たくさん補えるようです。‬
‪特にハラミやレバー(肝)にはセロトニンがたくさん含まれているので良いそうですよ。
一度にたくさん食べるよりも、定期的に食べる方が効果があります。
病院の薬では、副作用などがありなかなか治りません。
皆さん是非おためしください。
↑こちらは牛タン
↑こちらはホルモン焼き。






シェアしてみますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です