伝統的な牛干し肉の簡単な作り方 余計な物は一切入れない無添加干し肉




‪伝統的な製法で干し肉作りました!噛めば噛むほど味がでます。

余計な物は一切入れない

無添加干し肉売り出します。

身体に悪い保存料、着色料も一切入りません。

塩とコショウのみ。

アウトドア、登山、サイクリング、マラソンなどのおともに栄養補給に。

非常食、保存食に。

ネットに出てる干し肉レシピは、何度もタレに漬け込んだり邪魔くさいものばかり、

昔からある伝統的な干し肉なんて、さっさと作れる保存食なんですよ。ってことで、60年間肉屋さんをしてた、お肉の師匠に教わった本当の干し肉の‬簡単な作り方をアップします…

スジを取った‪牛モモと、牛タンを薄めにカットして、塩、こしょうを強めにして長めの串に刺していきます。スジを気にしない人は、とらなくていいです。(串に刺すことで肉がくっつかないので乾燥が早くなります)

田舎などでは生のまま乾燥させるやり方もあるようですが、お店では衛生上 アツアツの鉄板上でオーブン状態にして、しばらく加熱してから冷蔵庫にて乾燥させていきます。

数日間様子を見て、肉が好みのかたさになれば完成です。

肉の厚さや種類、乾燥環境で完成が一週間かかったり、それよりも早くできあがるので何日乾燥させるというのは、あえて書きません。

手間暇かかるので、一度に大量に作るのがgoodです!‬

水分が無くなればなくなるほど、どこにでも持っていける保存食になりますよ。

‪ラップはせずにアルミで巻いて数日乾かすのがオススメです。アルミは酸化を抑えてくれるので肉が傷みません。

とがった串の先には気をつけましょう。

一日で、こんな感じになります。肉の部位や乾燥環境によって変わります。




シェアしてみますか?

2 件のコメント

  • レアかミディアムレアをセミドライにした感じですね!衛生上どのくらい炙ったら美味しく安全に摂食可能なのでしょうか?
    卓上コンロでも吉○家の牛鍋くらいの火力しかない状況で一枚ずつ網焼きしたら毎回30秒くらいかかるんでしょうか?

    • コメントありがとうございます。
      オーブンでしたら5分ほどで大丈夫です。
      肉にきつめに塩をしてアルミホイルをしておけば肉が焼けることもありません。
      卓上コンロでしたら、直火でさっと炙る程度で殺菌可能です。
      海外の生ハムなどは加熱せず、生を塩漬けにしただけですので、塩のみでも衛生上は問題ないかと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です